土質改良機で作業の効率をアップさせよう|作業を助ける便利マシン

取り扱いには注意しよう

今後より高性能高機能化が図られる

女性

現在のspectrum analyzerは、デジタル信号処理技術を用いた数値演算方式によるスペクトル分析によって計測を行う装置になっています。従来のデジタル信号処理によるspectrum analyzerでは、デジタルシグナルプロセッサとアセンブリ言語によってデジタル信号処理を実現してきました。しかしながら、デジタルシグナルプロセッサは半導体価格も高額で、アセンブリ言語という中間言語に近いプログラム言語によって、非常に複雑な数値演算をプログラムに具現化する必要がありました。そのため設計者は電気回路の知識からプログラム設計の知識、さらには信号処理技術のスキルが求められてきました。その後の半導体技術の進歩によって現在のほとんどのMPUにはデジタル信号処理演算を行うための専用回路が搭載されるようになってきました。またプログラミングもC言語をはじめとする高級言語によって信号処理プログラムを開発することが出来るようになってきました。

不慮の事故を回避することが出来ます

spectrum analyzerをはじめとする計測機器を用いた電気信号の計測作業においては、測定作業は簡単ですが、注意しないと事故につながることもあります。それは、計測機器と被測定機器との間に不要な電位差が生じることで起こる逆電流によって、発熱や発火、回路基板や部品の破損などです。これは、spectrum analyzerによるスペクトル分析の測定に限ったことではなく、電気回路を理解しないといけない技術者にとっては注意すべき基本事項です。一般に、測定物と被測定物との間はグランドを共通化することによって、基準電圧値を等価にしてから測定作業を行います。これを怠ると先に述べたような事故につながります。測定者は必ずこのことを念頭に置いて作業することが大切です。